ふるさと納税制度の問題点

ふるさと納税制度の問題点を考えてみます。

ふるさと納税制度とは元々は故郷に納税するという主旨だったようですが出身地に関係なく納税できる制度です。都市に集中しがちな税金を、地方に納税することで税金を分配する役割があります。

税金の奪い合い

私はふるさと納税制度は国内で税金の奪い合いをしているだけで建設的ではないように思います。何故なら国内全体で考えれば税金は2000円の手数料の分が増えるだけです。各自治体毎に考えれば、本来入ってこないはずの税金がふるさと納税として入って来るのですから、お礼としての特産品に多少のお金がかかっても、利益があると考えてしまうのでしょう。

国内全体で考えれば、手数料2000円と引き換えに特産品を税金で購入しているようなものです。手間を考えれば、何も生み出していません。むしろ税金の大盤振る舞いで特産品をふるさと納税と引き換えに全国にばら撒いているようなものです。

特産品は無償提供してもらう

予算・お金を使うことしか考えたことのない人達のやむを得ない発想だとは思いますが、民間企業が最初から制度設計をすれば特産品は無償提供を募ります。今からでも遅くはありませんが、ふるさと納税制度の見返りの特産品として、全国に宣伝することが出来ます。特産品の冊子に載せてもらえることを考えれば、宣伝効果はかなり期待出来ます。冊子からホームページへの誘導を行えば、特産品としてではなく、新たなビジネスチャンスも生まれます。その後のお土産などの需要も生み出すことを考えれば、費用対効果は絶大だと思います。

特産品コンテスト

どの特産品を採用するか公平を期す目的と、みんなで楽しむ仕組み、お金を生み出す仕組みとして、コンテストを開催してはいかがでしょうか?アイドルの投票よりは多くの人達が楽しめるのではないでしょうか?

各地で特産品採用祭りを開催し、公平に選出すると良いと思います。どうしても採用して欲しい企業は、行政に寄付金を出すことで選んでもらうのです。

これまでの特産品を行政がお金を払って買っていたものを、企業がお金を出して行政を通して全国に宣伝してもらう。発想一つでお金の流れを変えることが出来るのではないでしょうか?

行政も特産品を無償提供する企業も納税者もみんなが幸せになる仕組みを作ることが出来ます。

政治家の皆さん、是非採用してみて下さい。一つの自治体が採用すれば、後は採用自体も競争です。早いもの勝ちです。

投稿者:

呉からの風

呉の医師です。 糖質回避教の推奨者です。 様々な分野で気づいたことを掲載していきます。 怒る必要のない子育てを掲載予定です。