人に任せるより自分がやったほうが早いと考える心理

比較的仕事のできる人が陥りがちな、人に任せるより自分でやったほうが早いと考えてしまう心理を考えてみます。

人に頼んでも自分の求めている結果がかえってこないので、人に任せず自分でやったほうが早いと考えてしまうのです。
このことに二つの問題がはらんでいます。
一つは人に頼んでも結局自分でやってしまうのであれば、頼まれた人も真剣にはやりません。最終的に頼まれた人が困らない仕組みなので、頼まれた人がどこか他人事で対応してしまうのです。
一つは人に頼んだ頼み方の問題です。頼みたいことを正確に伝えることができていないコミュニケーション能力の問題のため、求めている結果がかえってこないのです。頼みたい内容を、全く予備知識がない人に説明するつもりでたとえ話を使いながら説明することで求めているものに近づくと思います。

そして人に頼むより自分でやった方が早いと考えている人は、自分が優秀だからだと内心思っているのです。
頼み方に問題があるということが原因なので、『人に頼むより自分でやった方が早い』と周囲に言っているのは、物事の伝え方・仕事の頼み方が下手ですよと周りに言って回るようなものですから実は恥ずかしいことだと思います。しかしその本質(自分が優秀だと勘違いしていること。頼み方が下手であること)に気づいていないので2重の意味で私は恥ずかしいと思います。

確かに人に頼むより自分でやった方が早いと思うこともあると思いますが、どうしたら人に自分の思う通りにやってもらえるかを考えるとよいと思います。
人に頼むことを前提として、頼み方を工夫するということです。

わざとゆっくり仕事や行動する心理

わざとゆっくり仕事や行動する人の話を書きました。
今回は心理を考えてみます。
何故わざとゆっくり仕事をするかを考えてみます。
人の行動には必ず目的があります(目的論)。
わざとゆっくり仕事をすることにも目的があります。
その目的は楽をすることと、ゆっくり仕事をすることで見かねた誰かが手伝ってくれるのを待っているのです。
一度でも誰かに手伝ってもらった経験があれば、手伝ってもらうことを狙ってわざとゆっくり仕事をするのです。迷っているふりをしたり、困っているふりをするのです。その目的は二つ。一つは迷っていること・困っていることで仕事が進まないことをアピールし、仕事がゆっくりなことを仕方ないだと思ってもらうこと。
もう一つは助けてもらうことを暗に要求しているのです。

子供の宿題もそうです。一度親に手伝ってもらうと、ゆっくりしていると手伝ってもらえると無意識のうちに認識してしまうのです。わざとゆっくりして見かねた親に手伝ってもらうことが目的なのです。だからわざと親にアピールするようにゆっくりするのです。

心理学的に共通しているのは、結局誰が困るかということです。
誰かが手伝ったことがあるということは、仕事でも宿題でも誰か他の人が困ると考えているのです。さすがに意識はしていないと思いますが、無意識のうちに最終的に他の人が困るというようにどこか他人事のように感じているのです。
最後まで自分がやるしかないという自覚に乏しいため、ゆっくりするのです。困るのは手伝う人だと誤解しているのです。

対策

対策はどうすればよいでしょうか?
それは自分の問題だと理解させることです。
今後はどれだけ困っても直接助けない。
やり方やわからないことをアドバイスをすることはあっても、代わりには決してやらないし手助けもしない。
このことを理解させるだけで意識がガラッと変わります。
またできない言い訳をすることも多いですが、できない言い訳とはやらない理由を探してくるだけなので聞いても意味がありません。できるようになる言い訳をするように仕向けるのです。

どうしても時間に追われていると、代わりにやってしまいたくなりますが、そこはぐっと我慢しないと相手の思うツボです。
作業工程の目安時間を設定し、細かくチェックすると少し意識が変わります。

またゆっくり仕事しても早く仕事をしても評価が変わらないことも、ゆっくり仕事をするメリットと考える一因です。ゆっくり仕事をして目標時間に仕事が終わらないと、その時点でほかの人に仕事を割り振り、給料やボーナスが下がる、働く時間が減らされるなど金銭的損失となる仕組みを考えるのも一つの対策かもしれません。

いずれにしてもわざとゆっくり仕事や行動をする人の対策は、お金にしろ時間にしろ作業にしろ、当事者が困る仕組みを考えることだと思います。

わざとゆっくり仕事や行動する人

わざとゆっくり仕事や行動をする人がいます。仕事が遅い人や宿題をなかなかやろうとしない子供が当てはまります。

実は今振り返ると私自身にも経験があります。
ただその時の心理としてはゆっくりしているつもりはありませんでした。
早く仕事しても次の仕事が待っているだけだから焦らずやろうと思っていたというものでした。早くする意味やメリット、実は早くやる方が時間が有効に使えてお得だということを理解出来ていなかったのです。
だから早くするという発想には至らず、自分では頑張っているつもりでも、実際には怒られない程度・迷惑がかからない程度の頑張りでしかなかったのではないかと思います。今だからこそ客観的に考えることが出来るので、当時どうすれば良かったか・どのように考えればよかったがわかります。

わざとゆっくり仕事や行動をしているようにみえる場合、本人にゆっくり仕事をしている自覚がないこともよくあります。自覚がないのですから早く仕事や行動をする意味・メリットを伝えることです。早くすることの意味・メリットがわかっている人からみると、意味・メリットは当たり前のことで早くやらない理由がわからないのです。早くやる意味・メリットがみんなの常識だと思い込んでいるため、わざわざ早くやる目的を伝えないこともよくあります。片や早くするのが当たり前、片や意味が分からない。そのギャップで周りがイライラしていまうのです。

また本人はゆっくりしているつもりはなくてもゆっくり見える場合、やるべきことが良くわかっていないことがあります。何をしたら良いのかわからないのでまごついているのです。

対策はやるべき手順を一覧にして次にすべきことを、わかるようにすることです。実はチェーン店なでおなじみの手順書・マニュアルは次にすることを迷わないように、手際よくするためにあります。
迷うことや・手順を思い出す時間が無駄だからです。
その無駄ま迷いがなくなるので慣れると行動が早くなります。

本人はわざとゆっくりしている自覚がないことを理解して、仕事や行動が早くなる方がお得なことを教えてあげて下さい。
そして手順に迷いがあるのであれば、一緒に迷いをなくす方法を考えてあげてみてください。

スポーツなどで順番を競う理由

行政改革大臣が口にして一時期話題になった『2位じゃダメなんですか?』ですが、発明・発見の分野では1位が総取りで2位には何の意味もないのです。発明・発見の分野では2位ではダメではありませんが、意味はないと思います。

ではスポーツやコンクールなどでは2位ではダメでしょうか?

結論は2位でも3位でも構いません。

一部の運動会では徒競走の順位をつけなくなったとも聞きますが、そもそもスポーツで順位をつけることにどんな意味があるのでしょうか?

それは手を抜かず全力を出し切るために順位をつけるのです。人と比べること競うことで競争心を刺激して、最善を尽くすために順位をつけるのです。

人には多かれ少なかれ競争心が備わっています。この競争心は、食べ物が満足になかった時代、食うか食われるかの生存競争に打ち勝ち生き残るために重要な役割を果たしていました。

その競争心を活用して最善を尽くすように仕向けるのが競うということの意味です。順位は良いに越したことはありませんが、順位だけが大切な訳ではありません。如何に最善を尽くすために努力したか、自分が納得できたかが重要なのです。

つまり全力を出し切るために競うのです。全力を出し切ることができさえすれば目的は達成されるのです。順位はおまけでしかないのです。

順位にお金が絡むようになると順位・勝ち負けが目的と勘違いしてしまう人が出てしまうのです。

この競う意味を知っている指導者達は、勝ち負けや順位に拘らず楽しもうと指導します。勝ち負けや順位に拘らる指導者は勝つために必死なのです。1番という順番にこそ意味がある発明・発見の感覚と勘違いしているのかもしれません。

競技の競う本当の意味・理由を、改めて考えてみるといいかもしれませんね。

妊娠糖尿病の対処法・治療しなくていい?

妊娠糖尿病とされる病態があります。妊娠した際にホルモンバランスの影響からか高血糖状態になってしまう状態です。

妊娠糖尿病は炭水化物(糖質)が引き起こす高血糖です。2型糖尿病と同じように糖質を控えることで次第に血糖値は落ち着きます。赤ちゃんに対する影響がわかりませんので、妊娠中糖質ゼロにしてもよいのかはまだわかりません。ただ妊娠糖尿病で悩んでおられたら、食事量を控えるのではなく、糖質を控えることで血糖値の改善が期待できます。

治療しなくても良いというのは、そのまま放っておいて良いという意味ではありません。糖質を減らすことで妊娠糖尿病自体が改善するので薬や我慢は必要ないという意味です。

通常たんぱく質・脂質は控えなくても(お腹いっぱい食べても)理論上は妊娠糖尿病は改善すると思います。

血糖値を直接上げるのは糖質だけだからです。

また妊娠中体重増加に悩むこともよくあります。ホルモンバランスの変化により糖質が非常に魅力的に思えて、ついつい食べ過ぎてしまいます。いつの間にか糖質に騙されてしまっているのかもしれません。重要なことは糖質の食べ過ぎであって食べ物全般の食べ過ぎではないことです。

興味があれば御飯・パン・麺類を控える糖質回避教のすすめをご覧ください。

糖質制限・糖質回避は究極のダイエット法

糖質制限・糖質回避は究極のダイエット法です。糖質制限・糖質回避をすることで体重は希望体重に調節することが自由自在になります。何故なら元々痩せるのが難しいのは、糖質そのものの魅力に惑わされ、ついつい食べ過ぎてしまっているからです。糖質を食べなければ惑わされることがなくなるので食べ過ぎもなくなります。結果として適正な体重に自然と落ち着きます。

信じられないかも知れませんが糖質制限・糖質回避をすると、ついつい食べ過ぎることがなくなるのです。体重をみながら糖質を食べる量を節することで、体重も簡単に自己調節することができます。やってみると余りに単純で効果もはっきりするので、ダイエットの概念が変わります。どうやらこれまでのカロリー説での考え方には、糖質の罠・魔力ともいえる魅力が抜け落ちているのでついつい食べ過ぎる点こそが問題ということが抜け落ちているようです。心筋梗塞や脳梗塞の可能性を高めるかもしれなので、脂質の取りすぎはよくないものの、体重コントロールや糖尿病にはあまり関係がないようです。

様々なダイエット方法がありますが、糖質を控えることが究極のダイエット方法です。今後他のダイエットを考える必要はありません。(糖質制限・糖質回避で痩せる理由)20年もすればダイエットという概念そのものが無くなるのではないかと思います。体重を減らしたい人は糖質を控えるとのが常識で、太っている人は糖質を食べているのが見た目でわかるということです。今までの常識では考えられない時代が来るという意味です。

体重を減らすのは糖質を回避するのが当たり前で、当たり前だからわざわざダイエットという表現がなくなると思います。(自分自身の常識の入れ替え方:常識革命の話はこちら)

糖質制限で高血圧が治る理屈

あなたは知っていますか?

糖質制限(糖質回避)で高血圧が治る理屈を。

糖質を食べる際に、糖質の甘味を打ち消すために塩気が欲しくなります。本来であればお腹いっぱいの時点で糖質は食べられなくなりますが、糖質に騙されてついつい食べ過ぎてしまいます。それに伴い塩分も取り過ぎてしまうのです。

塩分の取り過ぎに対処するため必死で塩分を尿として排出しますが、腎臓が耐えきれなくなると塩分が蓄積し、血中濃度を保つために血管内の水分量が増えることになります。腎臓で塩分を濾し取る際に高い血圧が必要なことも悪循環に陥る理由です。

糖質制限(糖質回避)そのものが高血圧を治すわけではありませんが、糖質回避により塩分摂取量が減ることで高血圧の改善が期待できます。

塩分摂取量を気にされている方は糖質回避教のすすめをご覧ください。

 

血糖値を上げるのは炭水化物だけ!

炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質のうち血糖値を上げることができるのは炭水化物(糖質)だけだと知っていますか?

信じられないかもしれませんが、逆に言えばタンパク質や脂質を食べても血糖値は上がりません。

確かに中学生の頃習った消化吸収の仕組みからすれば、炭水化物以外はブドウ糖にはなりません。タンパク質はアミノ酸、脂質は脂肪酸とグリセリンとして吸収されます。血糖値とはブドウ糖の血中濃度のことなので、炭水化物だけが血糖値をあげるとしても不思議はなさそうです。

その証拠に炭水化物をやめただけで2型糖尿病が薬なしで治りました
医者がいらなくなるかもしれませんね。

常識を疑うことも大切ですね。